条件分岐タグ

「条件分岐タグ」は、「表示しているのが投稿一覧の場合は○○する」「表示しているのが固定ページの場合は○○する」など、表示中の内容を判別して特定のメッセージを出したり表示を変える際に使用することができる「テンプレートタグ」の一種です。「表示しているのが△△の場合○○する」の「△△」を判別する役目を担っています。

条件分岐タグでは、条件に一致していた場合はYESに相当する「true」、条件に一致していなかった場合はNOに相当する「false」が値として返ってきます。その値を if () の部分で受け止めて分岐することになります。

主な条件分岐タグ

条件分岐タグの一覧は「条件分岐タグ - WordPress Codex 日本語版」「Conditional Tags « WordPress Codex」に記載されています。ここでは、使用する頻度が高いと思われる条件分岐タグを紹介します。

条件分岐タグ 「表示されているのが△△の場合」の△△の部分
is_home() 投稿一覧ページ (※標準の設定では投稿一覧ページとフロントページが分かれていないので、フロントページにあたるページでtrueになります)
is_front_page() フロントページ
is_single() 通常の投稿、添付ファイルページ、カスタム投稿のいずれか
is_page() 固定ページ
is_singular() 通常の投稿、固定ページ、添付ファイルページ、カスタム投稿のいずれか
is_archive() 投稿アーカイブ、カテゴリーアーカイブ、タグアーカイブ、日付アーカイブ、作成者アーカイブのいずれか
is_post_type_archive() 投稿アーカイブ
is_category() カテゴリーアーカイブ
is_tag() タグアーカイブ
is_date() 日付アーカイブ
is_author() 作成者アーカイブ
is_search() 検索結果
is_404() ページが見つからなかった (404)

※ is_XXX() のかっこの中にIDや名前を指定することでさらに絞り込みを行うことができるものもあります。(「 is_single( 'sample-page' ) 」で「スラッグがsample-pageの投稿の場合」、など)

用語集: 索引
ABCDE
FGHIJ
KLMNO
PQRST
UVWXY
Z