固定ページ

「固定ページ」は、WordPressで通常の投稿(ブログ)とは別に、単独のページ(例えば「このサイトについて」「お問い合わせ」など)を作成したい場合に使用できる機能です。WordPressを使ってホームページを作る場合は、「固定ページ」でいろいろなページを作り、「ブログ」として通常の投稿を使う、というような組み合わせにすることもできます。

固定ページは、「最近の投稿」「投稿一覧」などには標準では出てきません。その代わり、メニューに自動的にページを追加する仕組みなどが用意されています。

投稿と固定ページの主な機能の違い

投稿と固定ページの主な機能の違いは下記のとおりです。(この違いは標準の状態での内容で、カスタマイズにより変更することは可能です)

機能 投稿 固定ページ
投稿一覧に表示される (最新の投稿、月別アーカイブなど) ×
カテゴリーが使用できる ×
タグが使用できる ×
階層構造にすることができる (親子関係を設定できる) ×
任意の並び順を設定できる (「ページ順序」) ×
メニューに自動的に追加する設定が利用できる (「このメニューに新しいトップレベルページを自動的に追加」) ×

内部的な仕組み (開発者向け)

内部的には固定ページも投稿と同じように管理されていて、投稿タイプ(post_type)と呼ばれる区分が「post」(投稿)か「page」(固定ページ)かで通常の投稿か固定ページかが分けられています。(さらに話を進めると、カスタム投稿もこの投稿タイプが違うだけで管理のされ方は同じです)

そのため、IDで投稿データを取得する「get_post()」や、条件に合う複数の投稿データを取得する「get_posts()」など、一見固定ページでは使えないように見えるものでも、実際には固定ページ用途に使用することができます。(固定ページも内部的には投稿のため)

 

用語集: 索引
ABCDE
FGHIJ
KLMNO
PQRST
UVWXY
Z