テンプレートタグ

テンプレートタグ(Template tags)は、WordPressのテーマのテンプレート内で使用できる、様々な動作や出力を行うための機能です。「管理画面で設定したサイト名を動的に出力する」( <?php bloginfo('name'); ?> )、「ヘッダーを出力する」( <?php get_header(); ?> )などのタグがあります。

※ 公式には「タグ」と呼ばれていますが、実際にはPHPの関数です。「テンプレートタグ」≒「WordPressが用意したPHPの関数の中で、特にテンプレート内で使うために用意されたもの」という意味です。
※ このサイトではできるだけ公式の名称である「テンプレートタグ」を使用していますが、「関数」と記載している場合もあります。

使用できる主なテンプレートタグ

WordPressで使用できるテンプレートタグは、「Template Tags « WordPress Codex」(「テンプレートタグ - WordPress Codex 日本語版」) に記載されています。ここでは、よく使用するテンプレートタグを抜粋して記載します。
(下記は<?php bloginfo('name') ?>のように、<?php ?> の中で使用してください)

基本設定に関するもの (一般タグ)

タグ 意味
bloginfo('name') 「設定」 > 「一般設定」の「サイトのタイトル」を表示します。 テストサイト
bloginfo('description') 「設定」 > 「一般設定」の「キャッチフレーズ」を表示します。 私のサイトです。
echo home_url() 「設定」 > 「一般設定」の「サイトアドレス(URL)」(ホームページのURL)を表示します。bloginfo('url') でも同じですが、home_url() の方が望ましいとされています。 http://example.com/
bloginfo('template_url') 現在使用しているテーマフォルダのURLを表示します。 http://example.com/wp-content/themes/test
echo get_stylesheet_uri() 現在使用しているテーマのメインCSSのURLを表示します。bloginfo('stylesheet_url') でも同じですが、get_stylesheet_uri() の方が望ましいとされています。 http://example.com/wp-content/themes/test/style.css

ページ構造に関するもの (一般タグ。インクルードタグという呼び方もあります)

タグ 意味
get_header() ヘッダー(テーマ内のheader.php)を出力します。
get_footer() フッター(テーマ内のfooter.php)を出力します。
get_sidebar() サイドバー(テーマ内のsidebar.php)を出力します。
get_search_form() 検索フォームを出力します。

投稿に関するもの (投稿タグ、カテゴリータグ。ループの中で使用します)

タグ 意味
the_title() 投稿のタイトルを出力します。
the_permalink() 投稿のURL(パーマリンク)を出力します。
the_time('Y/m/d H:i:s') 投稿の日時を出力します。(2016/07/01 00:00:00)。
the_category() 投稿のカテゴリーをリンク付きで出力します。
the_tags() 投稿のタグをリンク付きで出力します。
the_content() 投稿の本文を出力します。
用語集: 索引
ABCDE
FGHIJ
KLMNO
PQRST
UVWXY
Z