デバッグモードを有効にする (WP_DEBUG)

WordPress標準では何らのプログラムのエラーが起きた場合でもエラーが出力されないようになっていますが、デバッグモードを有効にすることでエラーを出力するようになります。

デバッグモードを有効にするには、wp-config.phpの「define('WP_DEBUG', false);」となっている箇所を「define('WP_DEBUG', true);」に変更します。

この状態ではエラーが画面上に出力されますが、「画面上には出したくないけどエラーを確認したい」という場合は下記のようにすることでファイルにエラーを出力することができます。

WordPressを配置したフォルダ/wp-content/debug.log にエラーが出力されます。

コメント

内容の誤りなどがありましたら下記からご連絡をお願いします。頂いたコメントは基本的に公開されることはありません(必要な場合は個別に返信させて頂きます)。

CAPTCHA