パスワードを忘れた場合の修正(リセット)

管理者パスワードを忘れた場合、修正するには下記のような方法があります。

ログイン画面からパスワードリセットメールを受け取る

ログイン画面の「パスワードをお忘れですか?」のリンクをクリックしてメール経由で新規パスワードを設定する方法です。

  1. WordPressのログイン画面( http://あなたのサイトアドレス/wp-login.php など )にアクセスします。
  2. 「パスワードをお忘れですか?」のリンクをクリックします。
    スクリーンショット_2015-11-28_22_36_01
  3. ユーザー名、またはメールアドレスを入力し、「新しいパスワードを取得」ボタンをクリックします。
    スクリーンショット 2015-11-28 22.36.13
  4. 「[サイト名]パスワードのリセット」という件名で届いたメールの「パスワードをリセットするには、以下へアクセスしてください。」の下にあるURLにアクセスします。
  5. 新規パスワードを入力し、「パスワードをリセット」ボタンをクリックします。
    スクリーンショット_2015-11-28_22_41_14
  6. パスワードがリセットされます。「ログイン」のリンクからログイン画面に移動し、新しいパスワードでログインすることができます。
    スクリーンショット_2015-11-28_22_41_32

テーマのfunctions.phpで設定を更新する (FTPなどでファイルを編集できる場合)

「メールアドレス、DB接続ができない(わからない)けどFTPでファイルの編集はできる」「メールをやphpMyAdminを使わず手っ取り早くパスワードを変更したい」といった場合に使用できる方法です。

  1. テーマのfunctions.phpに下記のように記載します。

    ※ 「<?php」と書かれている行の次の行などに記載してください。'password'の部分が新規パスワードになります。必要なパスワードに変更してください。
  2. WordPressのサイトにアクセスします。
    ※この時点でパスワードが変更されます。
  3. 1. の記述を削除します。

phpMyAdminなどからDBの値を直接修正する (phpMyAdminなどのDB管理ツールが使用できる場合)

ユーザーの設定は「wp_users」というテーブルに保存されています。
※ インストール時の設定によってwpXXXXXX_usersなどテーブル名が少し違う場合があります。
※ phpMyAdminのバージョンによって下記の見た目は違う場合があります。

  1. phpMyAdminでWordPress用のDB内にある「wp_users」のテーブルをクリックします。
  2. 変更したいユーザーの行の編集アイコンをクリックします。
    スクリーンショット_2015-11-28_22_57_45
  3. user_passの部分の「関数」を「MD5」に変更、「パスワード」を新規パスワードにして「実行する」をクリックします。
    スクリーンショット_2015-11-28_23_02_44
    ※この時点でパスワードが変更されます。

コメント

内容の誤りなどがありましたら下記からご連絡をお願いします。頂いたコメントは基本的に公開されることはありません(必要な場合は個別に返信させて頂きます)。

CAPTCHA