TinyMCE Advancedを日本語化する (4.1.1〜)

TinyMCE Advanced 4.2.8以降は日本語ファイルが同梱されるようになったため、この設定は不要になりました。

TinyMCE Advancedを日本語化したい場合、下記の手順で行います(TinyMCE Advanced 4.1.1以降)。

1. 日本語ファイルのダウンロード

下記から日本語ファイル(ZIP)をダウンロードして解凍します。


※tinymce-advanced-ja.moという日本語ファイルと、元になる.poファイルが入っています。
※プラグインのバージョンに合わせて1つダウンロードして下さい。使用しているバージョンと同じか少し古いものを選ぶとよいと思います。

2. 日本語ファイルの配置

WordPressのwp-content/languages/pluginsフォルダに1.で解凍したtinymce-advanced-ja.moファイルを配置します。

この状態でTinyMCE Advancedの設定画面を表示すると、日本語化がされていることが確認できます。

結果

スクリーンショット 2014-10-25 23.21.54

補足など

  • 日本語ファイルをTinyMCE Advancedのlangsフォルダに配置してもよいですが、プラグインがアップデートされたときに日本語化ファイルが消えてしまうので上記のような方法がよいと思います。
    ※ 以前はテーマフォルダ内に配置してfunctions.phpで読み込む方法を記載していましたが、より標準に近く簡単な方法に修正しました。 (2015/12/09)
  • TinyMCE Advancedの以前のバージョン(4.0.2等)ではテキストドメイン(IDのようなもの。'tinymce-advanced')が'tadv'でした。そのため、他のサイトで紹介されている日本語化の方法では日本語化できない場合があるようです。
    (2014/10現在。TinyMCE Advancedは頻繁に大きな変更を加えているようなので、この方法でも将来のバージョンでは日本語化できなくなるかもしれません)
  • 日本語化ファイルは1から自作しており、翻訳の誤りが多いかもしれません。誤訳の指摘などコメント欄に頂けるとありがたいです。

更新履歴

  • 2015/12/09 4.2.5用の日本語ファイルを作成しました。また、配置方法の説明をより簡単なものに変更しました。
  • 2014/10/25 初版

コメント

内容の誤りなどがありましたら下記からご連絡をお願いします。頂いたコメントは基本的に公開されることはありません(必要な場合は個別に返信させて頂きます)。

CAPTCHA