存在しないURLからの自動リダイレクトを無効化する

WordPressには、存在しないページ(投稿や固定ページなど)にアクセスされた際に正しそうなURLを推測して自動でリダイレクトする機能があります。

例えば投稿やページで「http://example.com/sample-page/」というURLのものがあった場合、存在しない「 http://example.com/sa」というURLにアクセスされた際に自動で「http://example.com/sample-page/」に補完してリダイレクトするような現象が起こります。

存在しないURLは存在しないものとして404ページを表示したい場合は、テーマのfunctions.phpに下記のように記載します。

補足

この機能は WordPress 2.3 から追加された「カノニカルURL」(標準URL、正規化されたURL)の機能により行われています。「WordPress 2.3の新機能「カノニカルURL」 | ja.naoko.cc」さんで詳細が紹介されていますが、ページ名の補完(上記の例の「sa」→「sample-page」など)がなぜ行われるのかについてはメール内の途中で途切れたURLを、似たURLへリダイレクトしたりする、というケースを想定したもののようです。

コメント

内容の誤りなどがありましたら下記からご連絡をお願いします。頂いたコメントは基本的に公開されることはありません(必要な場合は個別に返信させて頂きます)。

CAPTCHA