投稿一覧ページを作成する

WordPressで投稿一覧ページを作成するには、下記のいずれかで設定します。

標準のまま使う

WordPressの標準では、「http://WordPressをインストールしたURL/」(トップページ)で投稿一覧が表示されます。ここで使用されるテンプレートは、テーマフォルダ( WordPressを設置したフォルダ/wp-content/themes/使用中のテーマフォルダ )内にある「front-page.php」>「home.php」>「index.php」の順で最初に見つかったファイルです。(下記の図の左側の流れになります。標準では、「フロントページの表示」が「最新の投稿」になっており、フロントページと投稿一覧ページが同じURLで表示されるようになっています)

WordPressテンプレート階層-1

※ テーマが子テーマ(別のテーマの拡張テーマ)になっていて、子テーマ側にファイルがない場合は親になっている元のテーマフォルダからもファイルが探されます。
※ 投稿データの出力コードなどは「WordPressテーマ用サンプルコード」などが参考になるかもしれません。

「フロントページの表示」を「固定ページ」にする

管理画面の「設定」>「表示設定」>「フロントページの表示」を「固定ページ」にすると、「フロントページ」で指定した固定ページがトップページに表示され、「投稿ページ」で指定した固定ページが投稿一覧になります。

設定手順は下記のとおりです。

  1. フロントページ用の固定ページと投稿一覧用の固定ページを作成します。
  2. 管理画面の「設定」>「表示設定」>「フロントページの表示」を「固定ページ」に変更します。
  3. 2の設定の下にある「フロントページ」「投稿ページ」を1で作成したページにします。

この設定を行うと、フロントページと投稿ページのURLが分かれ、「投稿ページ」に指定したページのURLが投稿一覧ページのURLになります。また、テンプレートはテーマフォルダ内にある「home.php」>「index.php」の順で最初に見つかったファイルになります。(下記の図の右側)

WordPressテンプレート階層-2

※「WordPressで固定ページをブログのトップとして記事を一覧表示する方法 *Ateitexe」さんでわかりやすく紹介されています。

投稿アーカイブを有効にする (WordPress 4.4以降)

カテゴリーや日付ではない投稿のアーカイブは標準では無効にされていますが、functions.phpなどの設定で有効にすることができます。(WordPress 4.4以降で使用できます)

1. functions.phpに下記のように記載します。

※ 上記は「http://WordPressをインストールしたURL/post-all/」で投稿一覧ページが見れるようにするものです。'post-all'の箇所は好きな名前に変更できます。

2. 管理画面の「設定」>「パーマリンク設定」の「変更を保存」ボタンをクリックします。

この場合、トップページはhome.phpindex.php、投稿一覧はarchive.phpindex.phpがテンプレートになります。

固定ページに投稿一覧を表示させる

投稿一覧用の固定ページを1つ作成し、独自の固定ページテンプレートを用意して投稿一覧を用意することもできます。

(「[WordPress]固定ページで記事一覧を表示するために行き詰まったあれこれ *Ateitexe」さんを参考にしてください)

更新履歴

  • 2016/08/12 テンプレートの流れの図の追加など一部加筆しました。
  • 2016/03/02 初版

コメント

内容の誤りなどがありましたら下記からご連絡をお願いします。頂いたコメントは基本的に公開されることはありません(必要な場合は個別に返信させて頂きます)。

CAPTCHA